不当表示(1)

優良誤認表示とは

優良誤認表示とは、商品又は役務の品質、規格その他の内容について、一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示し、又は事実に相違して当該事業者と同種若しくは類似の商品若しくは役務を供給している他の事業者に係るものよりも著しく優良であると示す表示であって、不当に顧客を誘引し、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがあると認められるものをいいます。

例えば、レストランが提供する料理の材料について、外国産であるのにあたかも国産であるかのように表示した場合など、商品の品質といった商品の内容面の表示が優良誤認表示にあたります。

ただ、誇張・誇大があれば直ちに優良誤認表示になるというわけではなく、誇張・誇大の程度が社会一般に許容される限度を超える場合にのみ、優良誤認表示に該当します。

「不当表示(1)」の関連記事はこちら

トップへ