問題教員・モンスター職員への対応に強い弁護士をお探しの方へ

昨今の学校経営においては、問題行動を起こす教職員という難題に直面することが少なくありません。このような場合、具体的にどのような対応をすれば良いのか、学校側としては大きなストレスを感じるかと思います。

問題教員・モンスター職員について弁護士ができること

問題教員・モンスター職員への対応を学校内だけで進めることは難しく、弁護士に相談・ご依頼いただくことをおすすめいたします。具体的には下記のようなサポートが可能です。

職員への適切な指導・懲戒について助言・判断

問題教員・モンスター職員に対しては、状況に応じた適切な指導や懲戒が求められます。問題行動はハラスメントや体罰、保護者からのクレームなど多岐に渡ります。

当事務所はこのような従業員への対応について知見を持っているため、適切なアドバイスを提供し、公正で適切な対応を導くことが可能です。

メンタル不調への最適な対処方法を提案

メンタル不調の職員に対しては、心の健康を優先し、適切なサポートを提供することが求められます。休職・復職のルール整備やリハビリ制度について法的なアドバイスを提供することも視野に入れたフォローが可能です。

私立学校の場合は退職勧奨・解雇へのアドバイス

私立学校の場合、問題に対する対策として退職勧奨や解雇が考慮される場合があります。このような重大な決断をする際には、適切な手続きと法的な視点が求められます。弁護士は法的なアドバイスを提供し、学校側が適正な手続きを行うことができるようサポートします。

問題教員・モンスター職員の例

教育現場で問題となる行動はさまざまです。具体的な例を挙げてみましょう。

不適切な言動や体罰を行ってしまう

一部の教職員は、ストレスの発散や生徒への指導の一環として、不適切な言動や体罰を行ってしまうことがあります。これは法律で禁じられており、適切な対応が必要となります。

また、近年はスマートホン・SNSが幅広い世代に普及しています。体罰のような不適切な指導が生徒に撮影され、意図せぬ形で世の中に広まってしまうケースもございます。

他の教職員・職員でパワハラ・セクハラをする

他の職員を罵声で貶める、あるいは性的なジョークを繰り返し行う等の行為はパワハラやセクハラにあたります。被害を受けた職員は精神的に苦しむだけでなく、その影響で仕事のパフォーマンスが低下する可能性もあります。

能力不足(ミスが多かったり、仕事のスピードが遅い等)

教職員の中には、業務遂行能力に問題がある方もいます。能力不足は学校運営に悪影響を及ぼすだけでなく、他の職員自身のストレスにもつながります。

メンタル不調

さらに、メンタルヘルスの問題も教育現場で無視できません。例えば、教職員が抑うつ症状を示し、授業を頻繁に休むようになったとします。このような状況では、教職員自身の健康はもちろん、授業の質や生徒への影響も深刻な問題となります。

問題教員・モンスター職員を放置するリスク

教職員の問題行動を放置すると、さまざまなリスクが発生します。それぞれ具体的に見てみましょう。

教職員が退職してしまう

ハラスメントなどが慢性化している環境にストレスを感じ、他の教職員が退職を選択することも考えられます。特に優秀な教職員が去る場合、その教職員が担当していた授業や学校運営に影響が出るだけでなく、後任者を探す際の時間と労力、新たな教職員の教育や研修にもコストがかかります。

メンタル不調を原因とした損害賠償トラブル

パワハラやセクハラなどの原因でメンタル不調になった教職員から、学校に対する損害賠償請求が発生する可能性があります。これは学校の財政や評判に深刻な影響を与えるとともに、他の教職員にも不安を与える結果となり得ます。

授業や課外活動が円滑に進まなくなる

さらに、現代ではSNSの普及により、学校内での体罰やセクハラといった問題行動が瞬く間に広まる可能性もあります。新たな生徒の入学や既存生徒の保持に影響を与える可能性も無視できないでしょう。

問題教員・モンスター職員への対処

では、問題のある教職員へ学校としてはどのように対処すればよいのでしょうか。

本人と直接話してみる

まずは、問題行動を繰り返す教職員と直接話し、本人の気持ちを理解しようとすることが大切です。その上で、具体的な問題行動とその改善方法を具体的に示すことで、教職員自身も自覚し、行動改善へとつながるかもしれません。

配置転換や業務の調整

問題行動が特定の職場環境によるストレスから生じている場合、配置転換や業務の調整を行うことで、問題行動を抑えることが可能です。適切な役割を与えたり、業務分担をすることが問題解決の一歩となるかもしれません。

休職などの措置

問題行動がメンタル不調から来ている場合は、休職を含めた健康管理の措置が必要です。この期間を利用し、専門のカウンセラーや医療機関と連携して、復帰に向けたサポートを考えることが重要です。

退職勧奨・解雇

問題行動が改善されない場合、最終的には退職を勧奨したり、解雇という措置をとることも必要になるかもしれません。

国公立学校の場合

国公立学校の場合、解雇には非常に厳格な手続きと条件が必要です。例えば、重大な失職行為があった場合や、再三にわたる注意や指導にも関わらず改善されない場合など、詳細な事実関係と適切な手続きを経る必要があります。

私立学校の場合

私立学校の場合も、解雇は最終手段であるべきです。また、法的な手続きや、その後の職員の配置などについても注意が必要です。私立学校でも公立学校と同様に、解雇には相応の理由と適切な手続きが必要となります。

顧問弁護士など専門家に対処方法を相談してみる

問題行動を持つ教職員に対する対策は、一概には決められません。そのため、顧問弁護士など法律の専門家に相談することをお勧めします。学校法人の紛争対応や顧問対応実績のある私たちだからこそ、具体的な対策を考え、現場の声を尊重しながら解決に導きます。

西村綜合法律事務所の強み

紛争予防問題が紛争になる前に

ビジネスを行う上で避けては通れない紛争・トラブルを未然に防ぐため、適切な提案をいたします

紛争解決ベストな解決をご提供

トラブル発生時には、企業法務分野に精通した弁護士がクライアントの利益を第一に考え、迅速に対応いたします。

法務知識と専門業界分野への理解

業界特有の知識や中小企業の環境を理解する事務所として、法律に関する研究はもとより、各業界の取り巻く環境などの理解の追求に重きをおいています。

経営サポート

紛争解決や困ったときだけでなく、常に企業に寄り添った存在として、リスク管理に加え、その先のビジネスチャンスを切り開くお手伝いをさせていただきます。

学校事故に関するご相談は西村綜合法律事務所まで

教育現場で働く教職員の皆様、学校運営をされている皆様、そんな皆様のお悩みを一緒に考え、解決に導くお手伝いをさせていただきます。問題行動を起こす教職員とどう向き合い、どう対処すべきか、あるいは法的な問題にどう対処すべきか、私たちが全力でサポートします。

また、顧問契約による継続的な支援も可能です。法律情勢は日々変化し、それに対応するためには専門的な知識と情報が求められます。

初回相談はこちら

    任意 企業名

    必須 お名前

    任意 相手方や関係者のお名前

    必須 お電話番号(ハイフンなしでご入力ください)

    必須 メールアドレス

    必須 ご住所

    必須ご相談内容をお選びください

    学校関連のお問合せにつきましては、当事務所は学校側・法人側専門とさせていただいており、保護者側・教員側(学校側とのトラブル)のご相談はお受けできません。

    任意その他お伝えいただけることがあればご記入ください

    ご希望の事務所につきまして

    弊所は岡山・津山・東京に事務所がございます。ご希望の相談先をお教えください。
    (>>各事務所のアクセスはこちら)

    必須希望相談先


    折り返しのご連絡につきまして

    すでに相手方や関係者から依頼を受けている場合、弁護士の規定にて双方のご依頼をお受けすることができません。そのため、利益相反行為にならないかどうかを事前に確認し、原則2営業日以内に当事務所から折り返しお電話いたします。

    任意 もし、弊所からの折り返し日時にご希望があればお教えください

    ご入力の内容はこちらで宜しいでしょうか?
    今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

    「問題教員・モンスター職員への対応に強い弁護士をお探しの方へ」の関連記事はこちら

    弁護士法人 西村綜合法律事務所の特化サイト